八潮学園 ピアノ教室

年少さん~小学生以降も続けられる!

ピアノにふれて、脳と心を豊かに!

 

八潮学園では保育のほかにも、習い事としてピアノ教室をご用意しております。現在は在園児と小学生以上のお子様も合わせて、30名以上の方が八潮学園でピアノを習っています。

 

ピアノをお子様に体験させるかどうか悩んでいる保護者の方に向けて、ピアノを幼少期から習うことのメリットや、八潮学園のピアノ教室の特徴を紹介します。

 

幼少期からピアノを始めるメリット

♫ピアノは耳を育てる。

自分で出した音を聴いて、音があっているのか?きれいな音?音量は? 耳をたくさん使うことでピアノは上達していきます。 人間の五感の一つ、「聴覚」に刺激を与えます。

 

また、これは英語などの他言語を聴いた際に、無意識に強弱パターンを素早く把握できる能力とし、発音をネイティブの発音に近づけることができるなど、語学の面にも大きく貢献する要因となります。

 

♫ピアノは脳に良い影響がある。

脳科学者の研究では、ピアノ演奏は驚くほど脳に 良い影響があり、特に集中力を養うことができるといわれています。

 

右手と左手を別々に動かすことや、譜面を先読みして弾くことで、いろいろな外からの刺激に対して敏感に反応して、幼少期から多くのことを吸収しながら学んでいきます。

 

また、発表会では楽譜を見ずに演奏するため、なるべく暗記をして本番に臨みます。そのため、暗記力も養うことができます。

 

♫続ける力を養うことができる。

どんなことにも練習はつきもので、ピアノも同じです。そしてそれは必ずしも楽しいときばかりではありません。

 

しかし、幼少期からピアノを練習することで、ちょっとしたスランプや、怠け心が起きても、それを乗り越えて継続した先に得られる、目には見えない達成感を得る喜びを経験することができます。

 

また、続ける力が出来ないを出来るに変え、弾けたときの喜び、感動が 自分の自信につながり、ピアノだけではなく勉強や他の習い事にも活かすことができます。

 

♫想像力を伸ばすことができる。

ピアノを弾く際に、楽譜通りに弾くことや、技術力を磨くことも大切ですが、「表現力」も欠かせない要素の一つです。

 

アノの曲にはストーリーや背景があります。それらを音の強弱やリズムで繊細に表現します。

 

作曲された背景や作曲者の環境など、曲の背景を学ぶことで想像力を養い、同時にそれらを自分なりに表現する力も身に着けることができます。

このように、ピアノを幼少期から習うことで、ピアノを習得するだけではなく、脳の発達や心の発達にも良い影響があるということが分かりました。

八潮学園ピアノ教室の特徴

①レベルに合わせたレッスン!

グループでピアノレッスンを受ける場合、上手な人は初心者の方のペースに合わせなければいけませんし、逆もまた然りです。

 

しかし、八潮学園のピアノ教室では1対1のマンツーマンレッスンなので、各生徒さんの習熟度に合わせた丁寧なレッスンが受けられます。

 

②定期開催の発表会!

八潮学園のピアノ教室では1年半に一度発表会を行います。大勢の観客の前で披露することはとても貴重な経験です。

 

また、発表会は生徒さんがほとんど全員参加するため、お友達や、お兄さんお姉さんの生徒さんの発表を見て、モチベーションアップにもつながります。

 

  • 発表後の集合写真!

 

③卒園後も続けられる!

八潮学園在園時だけでなく、卒園後も続けることができます。先生と相談してスケジュール変更も可能ですので、無理なく続けることができます。

 

慣れ親しんだ教室や先生と一緒に、長くピアノを続けることができます。

 

④他の習い事との両立が簡単!

他のピアノ教室ですと、ピアノのレッスンの後に別の習い事を行う際に移動時間がかかってしまうことがあります。

 

しかし、八潮学園ではピアノの他にも様々な習い事を用意しているので、ピアノレッスンの前後に他の習い事を行うことも可能です。

このように、八潮学園のピアノ教室では生徒さんのレベルに合わせたレッスンを行います。

そして、卒園以降も続けることができるため、長くピアノを続けることができます。

講師からのメッセージ

♪生徒さんひとりひとり持っている表現力があります。 私は、それを引き出すレッスンを心がけ 子どもがイメージしやすい表現で伝えたり、リズムを言葉に置き換えたり、 「わかりやすさ」を大切にしています。 音楽を表現する喜びを感じてもらいたいです。

♪「できた!」という達成感や喜びを感じられながら、どんどんピアノが好きなっていけるきっかけ作りができたらと思います。 一人ひとりのペースに合わせて、楽しく笑いの絶えないレッスンをモットーに指導させて頂きます。 続くかわからないし、、まだ家にはピアノがないんだけど、、など何でもご相談ください。少しでも音楽に興味があるなら大歓迎です!!

レッスン詳細

在園児

  • 年少さんの5月から受講可能です。
  • レッスンは保育時間内に1回20分間。
  • 週一回、火、水、木、金の中で都合の合う曜日を選択できます。
  • お月謝は7150円~。習熟度によって変更します。

小学生以上

  • レッスンは1回30分。
  • 週一回、火、水、木、金の中で都合の合う曜日を選択できます。
  • お月謝は7150円~。習熟度によって変更します。

お申し込みやご質問は八潮学園までご連絡ください。(☎0489970401)

または、八潮学園ホームページからもお問い合わせいただけます。

よくある質問

Q、練習量はどれくらい必要ですか?

A、まずは、15分~30分でもよいのでピアノに毎日触る習慣を身に着けることが大切です。一度に長時間の練習ですと、お子様が無理に感じてしまったり、退屈に感じてしまうことがあります。また、「今日はここまで練習する」や、「10回間違えないで弾けたら終わりにする」など小さな目標を持って取り組むことも大切です。

 

Q、家にピアノはあったほうがいいですか?

A、上達する上では必要になってきます。また、電子ピアノですと鍵盤が軽く、指でコントロールして強弱をつけることや左右で音量のバランスを変えることがうまくできません。実際のピアノで練習することで音の響きや曲のイメージの音を出せるような表現力につながります。

 

Q、 親が未経験者の場合、どのように家での練習をサポートしたらよいでしょうか?

A、保護者の方に家でお手本になって練習してもらうことはありません。しかし、幼少期のお子様ですと一人で練習するという習慣がないため、お子様の話し相手になりながら練習をするきっかけを作ってあげることが大切です。また、集中して練習できていたり、上手に弾けていたら褒めて、自信をつけてあげることも大切です。中にはお父さんが弾いてほしい曲をリクエストして、ご家族でピアノを楽しんでいるという方もいらっしゃいます。

お申し込みやご質問は八潮学園までご連絡ください。(☎0489970401)

または、八潮学園ホームページからもお問い合わせいただけます。